アメリカ文学

【作品背景】純真で無垢な魂「ライ麦畑でつかまえて」(J・D・サリンジャー)

ライ麦畑で無邪気に遊ぶ子供たちを守ってあげたい。ただひたすらに純真で無垢なホールデンの魂。時代を超えて若者の支持を集める青春小説の傑作。
アメリカ文学

【作品背景】史上初の推理小説「モルグ街の殺人」(エドガー・アラン・ポー)

警察の捜査が進展しない中、オーギュスト・デュパンという紳士が犯行現場への立ち入りを許可され、入念に現場を調査する。すると彼は、自らの推理を語りだす。彼が明らかにした事件の真相とは。
ドイツ文学

【作品背景】壊れていく心「西部戦線異状なし」(レマルク)

第一次世界大戦。ドイツ西部、フランス軍と繰り広げられる激しい塹壕戦。志願兵・少年パウルの心は、徐々に壊されていく。ラスト十数ページ、怒涛のように押し寄せる魂の叫び。自らの体験をもとに戦場のリアルな姿を描いた、不朽の反戦文学。
アメリカ文学

【作品背景】古き良き南部は「風と共に去りぬ」(マーガレット・ミッチェル)

南北戦争前後のアメリカ激動の時代。南部ジョージア州タラ農園の娘、小悪魔系炎の女スカーレット・オハラ波乱万丈の半生を描いた壮大なアメリカンサーガ。
イギリス文学

【作品背景】マンダレーに行った夢を見た「レベッカ」(デュ・モーリア)

「ゆうべ、またマンダレーに行った夢を見た」この伝説的な一文から始まる20世紀ゴシックロマンの金字塔。「わたし」を追いつめる亡きレベッカの影。レベッカの真の姿とは。
イギリス文学

【作品背景】ふたりの恋を邪魔する「高慢と偏見」(ジェイン・オースティン)

19世紀初頭、イギリスの片田舎を舞台に、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを描いた恋愛小説。リアルな人物描写と軽妙なストーリー展開で、近代イギリス長編小説の頂点とも評されるジェイン・オースティンの代表作。
フランス文学

【作品背景】ひと夏の出来事「悲しみよ こんにちは」(フランソワーズ・サガン)

戦後フランスに一大センセーションを巻き起こしたサガンの処女作。17歳の少女セシルがコート・ダジュールの別荘で過ごした一夏を描く。
アメリカ文学

【作品背景】激動の中国、三世代の物語。「大地」(パール・バック)

数々の困難に見舞われながらもたくましく生きる農民たちの姿を、三世代にわたって描いた、中国育ちのアメリカ人女性作家による長編小説。ノーベル文学賞・ピューリッツァー賞受賞作。
イギリス文学

【作品背景】子供向け空想物語ではない「ガリヴァー旅行記」(ジョナサン・スウィフト)

強烈な批判が記された風刺文学作品です。「ガリヴァー旅行記」でスウィフトが投げかけた、社会の在り方や人間の在り方に対する批判は、発表から300年を経た現在でも色褪せていません。
フランス文学

【作品背景】白い球と黒い球「恐るべき子供たち」(ジャン・コクトー)

第1次大戦後のパリ。同性愛、異性愛、近親愛。少年少女の感情が妖しく交錯する。「芸術のデパート」ジャン・コクトーによる傑作中編小説。
フランス文学

【作品背景】あゝ無情「レ・ミゼラブル」(ヴィクトル・ユゴー)

文豪ユゴーが、みずからの人生哲学、政治・社会思想、歴史観、宗教観を注ぎ込んだ世紀の大作。ジャン・バルジャンとは何者なのか。
フランス文学

【作品背景】太陽のせい?「異邦人」(カミュ)

新潮文庫歴代売上ランキング5位。ノーベル文学賞受賞作家カミュによる不条理文学の代表作。
広告
めくろひょうをフォローする