イギリス文学

【作品背景】28年2ヵ月19日「ロビンソン・クルーソー」(デフォー)

めげない男ロビンソン・クルーソーが無人島で過ごした期間は28年2ヵ月19日。冒険小説不滅の金字塔。
フランス文学

【作品背景】夭逝した天才「肉体の悪魔」(ラディゲ)

若くして世を去ったラディゲが遺した「肉体の悪魔」。大人びた少年による作品の凄みを是非味わってみてください。
ドイツ文学

【作品背景】貴方はどう読みますか?「変身」(カフカ)

あまり肩肘張らずに読んでみてもいいのではないでしょうか。そもそも「朝起きたら虫になっている」話ですよ。
2021.02.04
ロシア文学

【作品背景】堕ちていく。これは喜劇だ。「桜の園」(チェーホフ)

5年振りに故郷である領地「桜の園」に帰ってきた貴族の女主人・ラネフスカヤ。しかし積み重なった借金で「桜の園」は競売に掛けられようとしていた。
2021.02.04
フランス文学

【作品背景】悲恋、ここに極まれり。「椿姫」(デュマ・フィス)

マルグリットとアルマン。すれ違う心と心。病に臥せるマルグリットの日記に書かれていた彼女の本心とは。悲恋、ここに極まれり。
2021.02.04
フランス文学

【作品背景】一世一代の恋の結末は「シラノ・ド・ベルジュラック」(ロスタン)

剣の達人であり豪放磊落。歯に衣着せぬ毒舌で、敵も多いが味方も多い。そんなシラノの一世一代の恋の結末は。
2021.02.04
イギリス文学

【作品背景】わずか13時間の物語「ダロウェイ夫人」(ヴァージニア・ウルフ)

1923年6月。とある一日におけるダロウェイ夫人の日常が、彼女の「意識の流れ」によって描かれていきます。印象的な鐘の音によって時の流れを感じながら、わずか13時間の物語を堪能してください。
2021.02.11
ドイツ文学

【作品背景】心あたたまるクリスマス「飛ぶ教室」(ケストナー)

元気いっぱいで、時には羽目を外すこともあるけれど、少しづづ成長していく子供たち。彼らを温かく見守り、必要な時は助け舟を出す先生たち。そしてクリスマスがやってくる。
2021.02.04
フランス文学

【作品背景】少年少女から男と女へ「青い麦」(コレット)

16歳のフィリップと15歳のヴァンカ。少年少女から大人の男女へ、もがきながら成長していくふたりの前に現れた、美しい淑女。
2021.02.11
オールジャンル雑食

雑食読書おすすめ本(2020/9/16-9/25)

ツイッターで紹介した本について、内容の補足をしておきます。もし興味がわいた本があれば、ぜひ本屋さんで手に取ってみてください。 なお、新刊では手に入りにくいものや、文庫になって流通しているもの、電子書籍で入手できるものなど、フォーマッ...
アメリカ文学

【作品背景】こちらが本家「ティファニーで朝食を」(カポーティ)

第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に繰り広げられる人間模様を、天才作家が描く。
2021.02.11
イギリス文学

【作品背景】資本家と労働者の軋轢「チャタレイ夫人の恋人」(ロレンス)

大胆な性描写?この作品の本質はそこではありません。産業革命後のイギリス炭鉱における資本家と労働者の軋轢を、瑞々しく、そして美しい文章で描いた作品です。
2021.02.11
広告