令和でも読む!!ハードロマンの旗手「西村寿行」おすすめ10作品

日本文学

みなさん、こんにちは。めくろひょうです。

「西村寿行」と聞いて、「おっ、懐かしいなぁ。」と思われた、私と同世代の方。

「西村寿行?聞いたことないなぁ。」と思われた若い世代の方。

没後13年を迎え、いま改めて魅力を感じてもらいたく、おすすめの作品をご紹介します。

とは言え、多くの作品を遺した作家なので、作品を内容によってざっくりと分類し、分類したカテゴリーの中からおすすめを紹介するという形でいきたいと思います。

分類の仕方については、Wikipediaを参考にさせてもらいました。

なお、紙の書籍での入手はかなり困難で、古本屋さんでも見かけることが少なくなってしまいました。

ですが、近年は電子書籍での復刻が徐々に進んでおり、読者としては大変ありがたい環境になってきました。

私の所有する紙の書籍も、紙がかなり黄ばんで(茶ばんで)きて、読み返すにはしんどいコンディションです。

西村寿行って

にしむら じゅこう
1930年11月3日 – 2007年8月23日
香川県出身
1969年デビュー
動物・社会派ミステリ・ハードロマンなど幅広い作品でベストセラー作家に
1979年長者番付作家部門1位

動物小説

西村寿行といえば「犬」。
ここでは代表作ともいえる「犬笛」をとりあげます。

そもそも犬笛とは、人には聞こえないけれど、犬には聞こえる周波数で音を出す笛のことです。大型犬の訓練でトレーナーが使っているのを見たことがありませんか?

娘を誘拐された男。その娘は犬笛の音を聞き取ることができる聴覚を持っていた。犬笛だけを頼りに愛犬と旅立つ男。娘を取り戻せるのか?

1978年には三船プロダクション製作、菅原文太主演で映画化されました。劇場に足を運んだ方も多いのでは。

社会派ミステリー

社会派ミステリーというか、初期の作品群といったほうが的確かもしれません。
処女長篇「瀬戸内殺人海流」をとりあげました。

事故死に不審を抱いた刑事。捜査を進めていくと、官民汚職の闇が。執念、海、犬と鷲、その後の作品に続いていく、寿行ワールドの出発点。

パニック小説

非日常的な危機に襲われたとき、人間はどのようにして立ち向かっていくのか。そして、どのようにして崩れていくのか。
コロナ禍のいま、あらためて読み直したい作品「滅びの笛」をとりあげました。

白骨化した死体、クマザサの繁茂、それは恐るべき鼠大量発生の予兆だった。

ハードロマン小説

西村寿行の代名詞ともいうべき作品群。
陰謀によってすべてを失った男がひとり復讐に立ち上がる。
暴力や陵辱のシーンが随所にあり、そうした描写が苦手な方にはおすすめできません。
寿行冒険小説の出発点「化石の荒野」をとりあげました。

殺人犯に仕立て上げられた刑事。逃亡する刑事に接触してくるCIA。そこには、終戦前に消えた5000キロの金塊にまつわる陰謀が。

わが怨み、現在完了。1982年主演・渡瀬恒彦、共演・浅野温子で映画化されました(角川春樹事務所)。映画はヒットしませんでしたが、しばたはつみによる主題歌は秀逸。公開前に実施された「暗号を解いて金塊を探そう」キャンペーンを覚えている方、いらっしゃいませんか?

ハードロマン小説(シリーズもの)

ハードロマン小説の中には、人気を博し、シリーズ化されたものも多数あります。
・死神シリーズ
・鯱シリーズ
・渚シリーズ
・幻戯シリーズ
・垰シリーズ
・無頼船シリーズ
・徳田左近シリーズ

謎の老人・仙石文蔵率いる各分野のスペシャリスト3人が世界を舞台に大立ち回り。鯱シリーズ第1作「赤い鯱」をとりあげました。初期3部作(赤い鯱・黒い鯱・白い鯱)がおすすめです。
ちなみに私は十樹吾一がお気に入り。

赤い国(もちろんソ連を想定)の最新鋭原子力潜水艦「赤い鯱」。その恐るべき性能に危機感を抱いた米国防総省は、「赤い鯱」捕獲を仙石文蔵に依頼する。

時代小説

文字通り、歴史上の人物や事件を題材に、寿行ワールドが繰り広げられます。
秋霖」をとりあげました。

戦国の雄・毛利元就に滅ぼされた名門・尼子一族。一族で唯一生き残った少年のもとに集う旧家臣たち。尼子氏再興はなるのか。

伝奇小説

日本古来の伝承や怪奇現象を題材に、時代小説とはひと味違った世界が広がります。
地獄」をとりあげました。

トラ河豚を食べたことによって三途の川を渡ってしまった作家西村寿行と編集者二十人。地獄を舞台に繰り広げられる乱痴気騒ぎ。溢れるユーモアに仏教の教えをまじえながらのドタバタ行の結末は?

トップ3

ここからは、分類にこだわらず、好きな3作品を紹介します。

暴力や陵辱のシーンが随所にあり、そうした描写が苦手な方にはおすすめできません

血(ルジラ)の翳り

妻子を殺された刑事。警察を辞め、ひとり犯人探しに旅立つ。親族の子供たちが不可解な死を遂げていることを知り、家系を辿っていくと、そこには呪われた血の存在が。

一体何人出てくるんだ?という登場人物の立ち位置が、家系図によって、徐々に明らかにされていきます。

梓弓執りて

手術ミスで暴力団員を廃人同様にしてしまった無免許医師。逃げる男と追う男。追い詰めた男が最後に発した言葉とは。

狼のユーコン河

第2次世界大戦下、日本人弾圧によりアラスカ収容所に送られた男。伝説の男ユーコン狼(ウルフ)に助けを求める妻。男の救出に向かったユーコン狼が見たのは、無謀にも極寒のアラスカを横断し日本へ帰還しようとしている日本人集団だった。

いかがでしたか?

おいおい「〇〇」が入ってないぞ、とか、「〇〇」は読んでないなぁ、とか、みなさんが寿行ワールドを思い出すきっかけになってくれればうれしいです。

若い世代の方、まずは1冊、手に取ってみてください。現在活躍中の人気作家とは、一味違う世界を堪能できると思います。

以上、めくろひょうでした。ごきげんよう。

コメント