ロシア文学

ロシア文学

【作品背景】名誉は若いうちから大切に「大尉の娘」(プーシキン)

若い男女の前に立ち塞がる様々な困難。時には温かく、時には冷たく接する大人たち。大規模な農民反乱に巻き込まれていくふたりを、シリアスに、そしてコミカルに描く、ロシア文学の父・プーシキンによる散文小説の傑作。 みなさん、こんにちは。めく...
ロシア文学

【作品背景】女の鑑か。稀代の悪女か。「アンナ・カレーニナ」(トルストイ)

恋愛、政治、経済、宗教。文豪トルストイが全てを注ぎ込んだ代表作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「アンナ・カレーニナ」(トルストイ)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 1870年代ロシア。 ...
ロシア文学

【作品背景】いつの時代でも甘く切ない「はつ恋」(ツルゲーネフ)

想い人ジナイーダが恋に落ちた。その相手とは。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「はつ恋」(ツルゲーネフ)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 1833年夏。16歳の少年ウラジミールは、隣に引っ越し...
ロシア文学

【作品背景】されど、サーシャは天使だった。「罪と罰」(ドストエフスキー)

1865年7月。ロシアの首都サンクトペテルブルク。暑さと砂埃。猥雑な喧噪。そして悪臭。二日間何も食べていない貧しい青年が動き出す。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「罪と罰」(ドストエフスキー)の作品背景をご紹介しま...
2021.07.14
ロシア文学

【作品背景】堕ちていく。これは喜劇だ。「桜の園」(チェーホフ)

5年振りに故郷である領地「桜の園」に帰ってきた貴族の女主人・ラネフスカヤ。しかし積み重なった借金で「桜の園」は競売に掛けられようとしていた。
2021.02.04
広告