作品背景

アメリカ文学

【作品背景】息苦しいほどの閉塞感「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)

ブロードウェイでロングランヒットを記録した、アメリカを代表する戯曲作家テネシー・ウィリアムズの出世作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)の作品背景をご紹介します。 あ...
イギリス文学

【作品背景】これぞワンダーランド「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル)

「どんなことにも教訓はある。 君がそれを見つけられるかどうかさ」「どっちへ行きたいか分からなければ、どっちの道へ行ったって大した違いはないさ」 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル...
イギリス文学

【作品背景】偉大なる自然の力「秘密の花園」(バーネット)

自然の力、その力を信じる子供たちの心。みなさんも、奇跡の目撃者になりませんか。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「秘密の花園」(バーネット)の作品背景をご紹介します。 あらすじ イギリス植民地時代...
イギリス文学

【作品背景】ロンドン貧民窟に差す一筋の光「オリヴァー・ツイスト」(ディケンズ)

19世紀のロンドン。庶民の暮らしは、貧しく凄惨なものだった。無力だが誠実な孤児の少年オリヴァーの周囲には、悪人と善人が。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「オリヴァー・ツイスト」(ディケンズ)の作品背景をご紹介します...
アメリカ文学

【作品背景】19世紀捕鯨のリアル「白鯨」(メルヴィル)

小説としてのストーリーはありますが、作品の大部分は、19世紀中頃における、鯨に関する知識およびリアルな捕鯨の様子を描いた、博物誌といってもいい内容で占められています。 銛を突き刺したり、捕獲後に解体したり、捕鯨の様子が生々しく描かれ...
イギリス文学

【作品背景】20世紀のおとぎ話「動物農場」(オーウェル)

ソ連共産主義に対する批判を込めた20世紀のおとぎ話。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「動物農場」(オーウェル)の作品背景をご紹介します。 あらすじ イギリス・ウィリンドン。ジョーンズ氏が経営する農場では...
アメリカ文学

【作品背景】無意味な日常。そして「日はまた昇る」(ヘミングウェイ)

今日も繰り返される、楽しいけれど、意味のない不毛な日常。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「日はまた昇る」(ヘミングウェイ)の作品背景をご紹介します。 あらすじ アメリカの新聞社に所属するジェイク・バーン...
フランス文学

【作品背景】救いようのない女「ボヴァリー夫人」(フローベール)

わがボヴァリー夫人は、いまこの瞬間においても、フランス中の無数の村で悩みかつ泣いているだろう。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ボヴァリー夫人」(フローベール)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 妻に...
フランス文学

【作品背景】心の貞節、体の貞節。「マノン・レスコー」(プレヴォー)

「私が貴方に願っている貞節は、心の貞節なのですから。」軽薄で無分別だが、真っ直ぐで誠実な女、マノン・レスコー。
2022.06.06
ロシア文学

【作品背景】名誉は若いうちから大切に「大尉の娘」(プーシキン)

若い男女の前に立ち塞がる様々な困難。時には温かく、時には冷たく接する大人たち。大規模な農民反乱に巻き込まれていくふたりを、シリアスに、そしてコミカルに描く、ロシア文学の父・プーシキンによる散文小説の傑作。
2022.06.06
イギリス文学

【作品背景】もうひとつのピーター・パン「ケンジントン公園のピーター・パン」(バリー)

そこはネバーランドではなく、ウェンディもティンカーベルもフック船長もいない。もうひとつのピーター・パンの物語。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ピーター・パン」(バリー)の作品背景をご紹介します。 あらすじ ...
フランス文学

【作品背景】恐ろしくも切ない愛の物語「オペラ座の怪人」(ルルー)

パリ・オペラ座で起きた不可解な事件の真相を知るべく、私は当時の関係者から話を聞いていた。徐々に浮かび上がってきた事件の全容は、恐ろしくも悲しい物語だった。 あらすじ 1880年、パリ。新しい支配人がオペラ座にやってきた。しかし...
広告