作品背景

イギリス文学

【作品背景】ふたりの恋を邪魔する「高慢と偏見」(ジェイン・オースティン)

19世紀初頭、イギリスの片田舎を舞台に、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを描いた恋愛小説。リアルな人物描写と軽妙なストーリー展開で、近代イギリス長編小説の頂点とも評されるジェイン・オースティンの代表作。
フランス文学

【作品背景】ひと夏の出来事「悲しみよ こんにちは」(フランソワーズ・サガン)

戦後フランスに一大センセーションを巻き起こしたサガンの処女作。17歳の少女セシルがコート・ダジュールの別荘で過ごした一夏を描く。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「悲しみよ こんにちは」(フランソワーズ・サガ...
アメリカ文学

【作品背景】激動の中国、三世代の物語。「大地」(パール・バック)

数々の困難に見舞われながらもたくましく生きる農民たちの姿を、三世代にわたって描いた、中国育ちのアメリカ人女性作家による長編小説。ノーベル文学賞・ピューリッツァー賞受賞作。
イギリス文学

【作品背景】子供向け空想物語ではない「ガリヴァー旅行記」(ジョナサン・スウィフト)

児童書として親しんだ方が多いと思いますが、この作品は、社会の在り方や人間の在り方に疑問を投げかけた、政治学・哲学書といってもいい内容を含んでいます。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ガリヴァー旅行記」(ジョナサン・...
フランス文学

【作品背景】白い球と黒い球「恐るべき子供たち」(ジャン・コクトー)

第1次大戦後のパリ。同性愛、異性愛、近親愛。少年少女の感情が妖しく交錯する。「芸術のデパート」ジャン・コクトーによる傑作中編小説。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「恐るべき子供たち」(ジャン・コクトー)の作品背景を...
2023.02.21
フランス文学

【作品背景】あゝ無情「レ・ミゼラブル」(ヴィクトル・ユゴー)

文豪ユゴーが、みずからの人生哲学、政治・社会思想、歴史観、宗教観を注ぎ込んだ世紀の大作。ジャン・バルジャンとは何者なのか。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「レ・ミゼラブル」(ヴィクトル・ユゴー)の作品背景をご紹介し...
2023.01.16
フランス文学

【作品背景】太陽のせい?「異邦人」(カミュ)

新潮文庫歴代売上ランキング5位。ノーベル文学賞受賞作家カミュによる不条理文学の代表作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「異邦人」(カミュ)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 青年ムルソーは、養...
アメリカ文学

【作品背景】俺は地獄へ行こう「ハックルベリー・フィンの冒険」(マーク・トウェイン)

児童文学の傑作「トム・ソーヤーの冒険」の続編という位置づけですが、この作品は、児童文学ではなく、アメリカ文学史にとって非常に重要な価値を持つ作品と評価されています。(「トム・ソーヤーの冒険」を読んでいなくても、この作品を楽しむことができま...
イギリス文学

【作品背景】愛すること憎むこと「嵐が丘」(エミリー・ブロンテ)

激しい風が吹きすさぶイギリス・ヨークシャーの荒野。激しい風が吹きすさぶようなヒースクリフとキャサリンの愛と憎しみ。
2023.03.31
アメリカ文学

【作品背景】息苦しいほどの閉塞感「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)

ブロードウェイでロングランヒットを記録した、アメリカを代表する戯曲作家テネシー・ウィリアムズの出世作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)の作品背景をご紹介します。 あ...
2022.10.04
イギリス文学

【作品背景】これぞワンダーランド「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル)

「どんなことにも教訓はある。 君がそれを見つけられるかどうかさ」「どっちへ行きたいか分からなければ、どっちの道へ行ったって大した違いはないさ」 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル...
イギリス文学

【作品背景】偉大なる自然の力「秘密の花園」(バーネット)

自然の力、その力を信じる子供たちの心。みなさんも、奇跡の目撃者になりませんか。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「秘密の花園」(バーネット)の作品背景をご紹介します。 あらすじ イギリス植民地時代...
広告