読書

フランス文学

一世一代の恋の結末は「シラノ・ド・ベルジュラック」(エドモン・ロスタン)の作品背景

剣の達人であり豪放磊落。歯に衣着せぬ毒舌で、敵も多いが味方も多い。そんなシラノの一世一代の恋の結末は。
イギリス文学

わずか13時間の物語「ダロウェイ夫人」(ヴァーニジア・ウルフ)の作品背景

1923年6月。とある一日におけるダロウェイ夫人の日常が、彼女の「意識の流れ」によって描かれていきます。印象的な鐘の音によって時の流れを感じながら、わずか13時間の物語を堪能してください。
ドイツ文学

心あたたまるクリスマス「飛ぶ教室」(エーリッヒ・ケストナー)の作品背景

元気いっぱいで、時には羽目を外すこともあるけれど、少しづづ成長していく子供たち。彼らを温かく見守り、必要な時は助け舟を出す先生たち。そしてクリスマスがやってくる。
フランス文学

少年少女から男と女へ「青い麦」(ガブリエル・コレット)の作品背景

16歳のフィリップと15歳のヴァンカ。少年少女から大人の男女へ、もがきながら成長していくふたりの前に現れた、美しい淑女。
2020.11.19
オールジャンル雑食

雑食読書おすすめ本(2020/9/16-9/25)

ツイッターで紹介した本について、内容の補足をしておきます。もし興味がわいた本があれば、ぜひ本屋さんで手に取ってみてください。 なお、新刊では手に入りにくいものや、文庫になって流通しているもの、電子書籍で入手できるものなど、フォーマッ...
アメリカ文学

こちらが本家「ティファニーで朝食を」(トルーマン・カポーティ)の作品背景

第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に繰り広げられる人間模様を、天才作家が描く。
2020.11.19
イギリス文学

資本家と労働者の軋轢「チャタレイ夫人の恋人」(D・H・ローレンス)の作品背景

大胆な性描写?この作品の本質はそこではありません。産業革命後のイギリス炭鉱における資本家と労働者の軋轢を、瑞々しく、そして美しい文章で描いた作品です。
2020.11.19
アメリカ文学

意識の流れ「八月の光」(ウィリアム・フォークナー)の作品背景

言葉に言葉が、文章に文章が、物語に物語が、積み重なっていく。時制を超えた物語。
2020.11.19
フランス文学

パリ社交界の闇「ゴリオ爺さん」(オノレ・ド・バルザック)の作品背景

"All is true" (すべて真実なのだ)パリにやってきた学生ラスティニャック。彼が見た社交界の闇とは。
2020.10.07
アメリカ文学

そこは約束の地だったのか「怒りの葡萄」(ジョン・スタインベック)の作品背景

故郷オクラホマを追われたトムと家族たち。旅の終着点・カリフォルニアは、果たして「約束の地」だったのか。
2020.09.27
オールジャンル雑食

名刺代わりの小説10選

ツイートでは、タイトルだけしか記載できなかったので、若干ですがコメントを加えてみました。
オールジャンル雑食

ジャンル問わず雑食読書おすすめ本(2020/9/8-9/15)

みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 ツイッターで紹介した本について、内容の補足をしておきます。もし興味がわいた本があれば、ぜひ本屋さんで手に取ってみてください。 なお、新刊では手に入りにくいものや、文庫になって流通してい...
2020.10.05