フランス文学

【作品背景】心の貞節、体の貞節。「マノン・レスコー」(プレヴォー)

「私が貴方に願っている貞節は、心の貞節なのですから。」軽薄で無分別だが、真っ直ぐで誠実な女、マノン・レスコー。
ロシア文学

【作品背景】名誉は若いうちから大切に「大尉の娘」(プーシキン)

若い男女の前に立ち塞がる様々な困難。時には温かく、時には冷たく接する大人たち。大規模な農民反乱に巻き込まれていくふたりを、シリアスに、そしてコミカルに描く、ロシア文学の父・プーシキンによる散文小説の傑作。
イギリス文学

【作品背景】もうひとつのピーター・パン「ケンジントン公園のピーター・パン」(バリー)

そこはネバーランドではなく、ウェンディもティンカーベルもフック船長もいない。もうひとつのピーター・パンの物語。
フランス文学

【作品背景】恐ろしくも切ない愛の物語「オペラ座の怪人」(ルルー)

パリ・オペラ座で起きた不可解な事件の真相を知るべく、私は当時の関係者から話を聞いていた。徐々に浮かび上がってきた事件の全容は、恐ろしくも悲しい物語だった。
アメリカ文学

【作品背景】Little womenがwomenに「若草物語」(オルコット)

温和で信心深い長女メグ、活発な次女ジョー、心のやさしい三女ベスに、無邪気な四女エイミー。四姉妹の成長を爽やかに描き、女の子たちの圧倒的な支持を受け続けている児童文学の傑作。
イギリス文学

【作品背景】画家という不思議な生き物「月と六ペンス」(モーム)

稀代のストーリーテラー・モームが描き出す狂気の芸術家。彼を全く理解できない周囲の人々。相まみえることのない「月」と「六ペンス」。
ロシア文学

【作品背景】女の鑑か。稀代の悪女か。「アンナ・カレーニナ」(トルストイ)

高級官僚カレーニンの妻アンナは社交界の花形。夫と息子と不自由のない生活を送っていた。しかし青年士官ヴロンスキーとの出逢いが彼女の人生を変えていく。道ならぬ恋に落ちたふたりを待っていたのは。
おすすめ海外古典小説

新潮文庫で読む「おすすめ海外古典小説」(入門編)

海外の古典小説に興味はあるものの、最初の一歩を踏み出せない方に向けて、おすすめの作品をご紹介します。
イギリス文学

【作品背景】“To be or not to be”「ハムレット」(シェイクスピア)

To be, or not to be, that is the question. 数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の代表作。
イギリス文学

【作品背景】“二重人格”の代名詞「ジーキル博士とハイド氏」(スティーヴンソン)

医学・法学の研究者であるジーキル博士。彼は友人である弁護士アタスンに遺言書を預けるが、そこには「全財産をハイド氏に贈る」と書かれていた。
アメリカ文学

【作品背景】これは文学か?これが文学だ!「ロリータ」(ナボコフ)

恋愛小説であり、性愛小説であり、推理小説であり、ロードノベルでもある。ご存じ「ロリコン」の起源となった20世紀屈指の怪作。
アメリカ文学

【作品背景】お互いを大切に思う気持ち「賢者の贈り物」(O・ヘンリー)

貧しくても仲良く暮らす若い夫婦ジムとデラ。クリスマスプレゼントは何にしようかと考え始めるが。
広告