【作品背景】恐ろしくも切ない愛の物語「オペラ座の怪人」(ルルー)

フランス文学
https://pixabay.com/images/id-482463/
広告

パリ・オペラ座で起きた不可解な事件の真相を知るべく、私は当時の関係者から話を聞いていた。徐々に浮かび上がってきた事件の全容は、恐ろしくも悲しい物語だった。

あらすじ

1880年、パリ。新しい支配人がオペラ座にやってきた。しかしオペラ座では、不可解な事件が相次いでいて、関係者たちは謎の怪人の仕業だと噂しあっていた。ある晩、若手歌手クリスティーナはいつもとは違う圧巻の歌声で観客の喝采を浴びる。彼女を幼馴染だと思い出したラウール子爵は、彼女への接近を試みる。しかし何者かが邪魔をする。
巨大かつ豪華絢爛なパリ・オペラ座を舞台に繰り広げられる、恐ろしくも切ない愛の物語。

作品の詳細は光文社古典新訳文庫のHPで。

ページが見つかりませんでした - 光文社古典新訳文庫

ガストン・ルルー

1868年、パリで生まれます。父親は富裕な商人でした。ロー・スクールで学びながら、小説の執筆も始め、卒業後は弁護士資格を取得して働くかたわら、新聞に法律関係の記事を書いていました。後に、新聞社に入社して記者として活動、専門分野の法律以外に、劇評も担当しました。特派員として海外に赴くことも多かったようです。

1900年頃から、小説を手掛けるようになります。1907年に雑誌での連載が始まった推理小説「黄色い部屋の秘密」が人気となり、作家としての地位を確立します。「黄色い部屋の秘密」は現代においても、密室殺人の傑作と評価を得ています。

1910年に「オペラ座の怪人」を発表。国内外でベストセラーとなりました。

推理小説や怪奇小説をはじめ、幅広いジャンルの作品を数多く手がけます。1925年頃から体調を崩し、1927年、ニースで亡くなりました。

パリ・オペラ座

パリ・オペラ座は、特定の建物を指すわけではなく、パリ国立オペラ団が本拠地として使用する劇場のことです。現在のオペラ座は、13代目にあたるガルニエ宮で、「オペラ座の怪人」の舞台でもあります。

1858年11代目オペラ座のサル・ル・ペルティエで、ナポレオン3世が爆弾を投げつけられるという事件が起こります。これを機に、新オペラ座建設計画がスタートし、公募によって集まった設計の中から選ばれたのが、シャルル・ガルニエの案でした。

パリ・オペラ座 投稿者撮影

1875年に落成式が行われたこの劇場は、設計者の名前をとりガルニエ宮と呼ばれるようになりました。
ネオ・バロック様式の建物は豪華絢爛で、当時世界最大の劇場だったそうです。

そんな巨大な空間の中で囁かれていた幽霊話や、実際に起きたシャンデリア落下事故などをヒントに、ルルーは作品の着想を得ました。

ガルニエ宮の構造

新聞記者だったルルーは、ガルニエ宮の構造や、建設当時のエピソードを丹念に取材し、作品にリアリティ性を持たせています。

ガルニエ宮模型 投稿者撮影

奈落や地下の構造、2階5番ボックス席の位置などは、みっちょんさんのHP「劇場街」がとても参考になります。文字情報だけではつかみにくい箇所を読む際に、参照してください。

劇場街 オペラ座の怪人(舞台の謎)

ミュージカル「オペラ座の怪人」

この作品は、小説として傑作なのはもちろんですが、現在もなお、その人気が衰えない大きな要因として、ミュージカルの成功に触れないわけにはいきません。

小説発表後、何度も映画化され、人気を博していた「オペラ座の怪人」ですが、巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーによってミュージカル化され、ミュージカル史上最大のヒット作になりました。
1度聴いたら忘れられないメロディーは、みなさんよくご存じですよね。

Photo by Tamara Gak on Unsplash

1986年ロンドンのウエスト・エンド、1988年ニューヨークのブロードウェイで上演開始以来、数々の賞を受賞。ブロードウェイでは史上最長のロングラン公演作品、ウエスト・エンドでは「レ・ミゼラブル」に次ぐロングラン作品になっています。(ミュージカルでは)

日本においても劇団四季の人気演目で、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。(2022年3月現在も絶賛公演中)

ミュージカル『オペラ座の怪人』作品紹介 | 劇団四季【公式サイト】
オペラ座の地下深くに棲む“オペラ座の怪人”と歌姫クリスティーヌの悲哀を美しく厳かに描いた劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』。甘美な旋律にのせて、豪華絢爛なオペラ座を舞台に繰り広げられる世界でもっとも切ない恋とは。

音楽の天使

誰に見られることもなく、月2万フランの金銭と2階5番ボックス席のリザーブを支配人に要求する怪人。
「音楽の天使」の指導によって、めきめきと頭角を現す歌姫クリスティーヌ。
幼馴染のクリスティーヌに恋心を抱く若き子爵ラウール。
三人の想いが交錯する中で煌めくシャンデリア。

みなさんは、怪人の狂気を受け止められますか?

以上、めくろひょうでした。ごきげんよう。

映画化作品

何度も映画化されていますが、現在AmazonPrimeVideoで観ることが出来る作品はこちら。

1925年版 アメリカ映画(サイレント)
監督:ルパート・ジュリアン 出演:ロン・チェイニー
ユニバーサル・ピクチャーズ社長カール・レムリが、パリでルルーから「オペラ座の怪人」をプレゼントされ、それを読んだレムリが映画化権を購入して製作された作品。

オペラ座の怪人(字幕版)【サイレント】
パリのオペラ座に幽霊が出るという評判が立ち始めた頃、折りしも道具方の一人が変死をとげた。やはり幽霊の仕業だと人々は恐れた。オペラ座の支配人引退興行の夜、プリマドンナが突然の急病のため、無名の新人クリスティーヌ(M・フィルビン)が代役に立ち、喝采を浴びる。 (C)PDClassic

コメント