フランス文学

フランス文学

【作品背景】どこで間違えたのか「女の一生」(モーパッサン)

美しいノルマンディー地方を舞台に、夢と希望に満ち溢れた純真無垢な少女ジャンヌの、新しい生活が始まる。しかし。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「女の一生」(モーパッサン)の作品背景をご紹介します。 あら...
2021.09.02
フランス文学

【作品背景】美貌と頭脳を武器に「赤と黒」(スタンダール)

フランス7月革命前夜。立身出世の野望を抱き、ジュリヤンの孤独な戦いが始まる。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「赤と黒」(スタンダール)の作品背景をご紹介します。 あらすじ ナポレオン失脚後、王政に戻った...
フランス文学

【作品背景】ふたりの愛が違うものになっていく「狭き門」(ジッド)

従妹同士のアリサとジェローム。ふたりが思い描く「愛」は、少しづつ、しかし確実に、違うものになっていく。
フランス文学

【作品背景】夭逝した天才「肉体の悪魔」(ラディゲ)

若くして世を去ったラディゲが遺した「肉体の悪魔」。大人びた少年による作品の凄みを是非味わってみてください。
フランス文学

【作品背景】悲恋、ここに極まれり。「椿姫」(デュマ・フィス)

マルグリットとアルマン。すれ違う心と心。病に臥せるマルグリットの日記に書かれていた彼女の本心とは。悲恋、ここに極まれり。
2021.10.11
フランス文学

【作品背景】一世一代の恋の結末は「シラノ・ド・ベルジュラック」(ロスタン)

剣の達人であり豪放磊落。歯に衣着せぬ毒舌で、敵も多いが味方も多い。そんなシラノの一世一代の恋の結末は。
2021.03.30
フランス文学

【作品背景】少年少女から男と女へ「青い麦」(コレット)

16歳のフィリップと15歳のヴァンカ。少年少女から大人の男女へ、もがきながら成長していくふたりの前に現れた、美しい淑女。
2021.10.11
フランス文学

【作品背景】パリ社交界の闇「ゴリオ爺さん」(バルザック)

"All is true" (すべて真実なのだ)パリにやってきた学生ラスティニャック。彼が見た社交界の闇とは。
2021.03.18
フランス文学

【作品背景】想像できることは実現できる「八十日間世界一周」(ヴェルヌ)

主人公フォッグ氏がたどった世界一周のルートを、当時の世界情勢をふまえて、確認します。
広告