フランス文学

フランス文学

【作品背景】あゝ無情「レ・ミゼラブル」(ヴィクトル・ユゴー)

文豪ユゴーが、みずからの人生哲学、政治・社会思想、歴史観、宗教観を注ぎ込んだ世紀の大作。ジャン・バルジャンとは何者なのか。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「レ・ミゼラブル」(ヴィクトル・ユゴー)の作品背景をご紹介し...
2023.01.16
フランス文学

【作品背景】太陽のせい?「異邦人」(カミュ)

新潮文庫歴代売上ランキング5位。ノーベル文学賞受賞作家カミュによる不条理文学の代表作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「異邦人」(カミュ)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 青年ムルソーは、養...
フランス文学

【作品背景】救いようのない女「ボヴァリー夫人」(フローベール)

わがボヴァリー夫人は、いまこの瞬間においても、フランス中の無数の村で悩みかつ泣いているだろう。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ボヴァリー夫人」(フローベール)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 妻に...
フランス文学

【作品背景】心の貞節、体の貞節。「マノン・レスコー」(プレヴォー)

「私が貴方に願っている貞節は、心の貞節なのですから。」軽薄で無分別だが、真っ直ぐで誠実な女、マノン・レスコー。
2022.06.06
フランス文学

【作品背景】恐ろしくも切ない愛の物語「オペラ座の怪人」(ルルー)

パリ・オペラ座で起きた不可解な事件の真相を知るべく、私は当時の関係者から話を聞いていた。徐々に浮かび上がってきた事件の全容は、恐ろしくも悲しい物語だった。 あらすじ 1880年、パリ。新しい支配人がオペラ座にやってきた。しかし...
フランス文学

【作品背景】どこで間違えたのか「女の一生」(モーパッサン)

美しいノルマンディー地方を舞台に、夢と希望に満ち溢れた純真無垢な少女ジャンヌの、新しい生活が始まる。しかし。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「女の一生」(モーパッサン)の作品背景をご紹介します。 あら...
2021.09.02
フランス文学

【作品背景】美貌と頭脳を武器に「赤と黒」(スタンダール)

フランス7月革命前夜。立身出世の野望を抱き、ジュリヤンの孤独な戦いが始まる。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「赤と黒」(スタンダール)の作品背景をご紹介します。 あらすじ ナポレオン失脚後、王政に戻った...
2022.08.11
フランス文学

【作品背景】ふたりの愛が違うものになっていく「狭き門」(ジッド)

従妹同士のアリサとジェローム。ふたりが思い描く「愛」は、少しづつ、しかし確実に、違うものになっていく。
フランス文学

【作品背景】夭逝した天才「肉体の悪魔」(ラディゲ)

若くして世を去ったラディゲが遺した「肉体の悪魔」。大人びた少年による作品の凄みを是非味わってみてください。
フランス文学

【作品背景】悲恋、ここに極まれり。「椿姫」(デュマ・フィス)

マルグリットとアルマン。すれ違う心と心。病に臥せるマルグリットの日記に書かれていた彼女の本心とは。悲恋、ここに極まれり。
2021.10.11
フランス文学

【作品背景】一世一代の恋の結末は「シラノ・ド・ベルジュラック」(ロスタン)

剣の達人であり豪放磊落。歯に衣着せぬ毒舌で、敵も多いが味方も多い。そんなシラノの一世一代の恋の結末は。
2021.11.28
フランス文学

【作品背景】少年少女から男と女へ「青い麦」(コレット)

16歳のフィリップと15歳のヴァンカ。少年少女から大人の男女へ、もがきながら成長していくふたりの前に現れた、美しい淑女。
2021.10.11
広告