アメリカ文学

アメリカ文学

【作品背景】息苦しいほどの閉塞感「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)

ブロードウェイでロングランヒットを記録した、アメリカを代表する戯曲作家テネシー・ウィリアムズの出世作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)の作品背景をご紹介します。 あ...
2022.10.04
アメリカ文学

【作品背景】19世紀捕鯨のリアル「白鯨」(メルヴィル)

小説としてのストーリーはありますが、作品の大部分は、19世紀中頃における、鯨に関する知識およびリアルな捕鯨の様子を描いた、博物誌といってもいい内容で占められています。 銛を突き刺したり、捕獲後に解体したり、捕鯨の様子が生々しく描かれ...
アメリカ文学

【作品背景】無意味な日常。そして「日はまた昇る」(ヘミングウェイ)

今日も繰り返される、楽しいけれど、意味のない不毛な日常。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「日はまた昇る」(ヘミングウェイ)の作品背景をご紹介します。 あらすじ アメリカの新聞社に所属するジェイク・バーン...
2022.11.14
アメリカ文学

【作品背景】Little womenがwomenに「若草物語」(オルコット)

温和で信心深い長女メグ、活発な次女ジョー、心のやさしい三女ベスに、無邪気な四女エミイ。四姉妹の成長を爽やかに描き、女の子たちの圧倒的な支持を受け続けている児童文学の傑作。 あらすじ 南北戦争時代、アメリカ・マサチューセッツ。牧...
アメリカ文学

【作品背景】これは文学か?これが文学だ!「ロリータ」(ナボコフ)

恋愛小説であり、性愛小説であり、推理小説であり、ロードノベルでもある。ご存じ「ロリコン」の起源となった20世紀屈指の怪作。 ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。 みなさん、こんにちは。めくろひょうで...
アメリカ文学

【作品背景】お互いを大切に思う気持ち「賢者の贈り物」(O・ヘンリー)

貧しくても仲良く暮らす若い夫婦ジムとデラ。クリスマスプレゼントは何にしようかと考え始めるが。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「賢者の贈り物」(O・ヘンリー)の作品背景をご紹介します。 あらすじ クリスマ...
アメリカ文学

【作品背景】ドロシーとトトは家に帰れるのか。いざ冒険の旅へ。「オズの魔法使い」(ボーム)

みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「オズの魔法使い」(ボーム)の作品背景をご紹介します。 あらすじ アメリカ・カンザス州。ヘンリー叔父さん、エム叔母さん、そして犬のトトと暮らしている少女ドロシー。ある日、...
2021.10.11
アメリカ文学

【作品背景】こちらが本家「ティファニーで朝食を」(カポーティ)

第二次世界大戦が激化する1943年秋。ニューヨークは平和だった。
2021.10.11
アメリカ文学

【作品背景】白人でもなく黒人でもない「八月の光」(フォークナー)

言葉に言葉が、文章に文章が、物語に物語が、積み重なっていく。時制を超えた物語。
2021.10.03
アメリカ文学

【作品背景】そこは約束の地だったのか「怒りの葡萄」(スタインベック)

故郷オクラホマを追われたトムと家族たち。旅の終着点・カリフォルニアは、果たして「約束の地」だったのか。
2021.10.11
アメリカ文学

【作品背景】狂騒の20年代「グレートギャツビー」(フィッツジェラルド)

狂騒の20年代。ニューヨーク・ロングアイランドの大邸宅で毎夜パーティを開く富豪ギャツビー。彼は何者なのか?
2022.02.01
アメリカ文学

【作品背景】おじさんにこそ読んで欲しい「あしながおじさん」(ウェブスター)

おじさんにこそ読んで欲しい、健気でチャーミングな女の子ジュディの成長とピュアな恋の行方。
広告