アメリカ文学

アメリカ文学

【作品背景】こちらが本家「ティファニーで朝食を」(カポーティ)

第二次世界大戦が激化する1943年秋。ニューヨークは平和だった。
2021.03.18
アメリカ文学

【作品背景】意識の流れ「八月の光」(フォークナー)

言葉に言葉が、文章に文章が、物語に物語が、積み重なっていく。時制を超えた物語。
2021.03.18
アメリカ文学

【作品背景】そこは約束の地だったのか「怒りの葡萄」(スタインベック)

故郷オクラホマを追われたトムと家族たち。旅の終着点・カリフォルニアは、果たして「約束の地」だったのか。
2021.03.30
アメリカ文学

【作品背景】狂騒の20年代「グレートギャツビー」(フィッツジェラルド)

狂騒の20年代。ニューヨーク・ロングアイランドの大邸宅で毎夜パーティを開く富豪ギャツビー。彼は何者なのか?
2021.03.18
アメリカ文学

【作品背景】おじさんにこそ読んで欲しい「あしながおじさん」(ウェブスター)

おじさんにこそ読んで欲しい、健気でチャーミングな女の子ジュディの成長とピュアな恋の行方。
アメリカ文学

【作品背景】余った女?「ねじの回転」(ジェイムズ)

ガヴァネスとして資産家の邸に乗り込み、成果を出し、あわよくば雇い主に見初められて、今の境遇から抜け出したい。果たして彼女の目論見通りに事は進んでいくのか。
アメリカ文学

【作品背景】清教徒社会における不義「緋文字」(ホーソーン)

宗教的背景、自主独立の気概を持った街で起きた「不義密通」事件。主人公ヘスター・プリンの強さと、緋文字Aの重さ。是非、堪能してみてください。
広告