イギリス文学

イギリス文学

【作品背景】もうひとつのピーター・パン「ケンジントン公園のピーター・パン」(バリー)

そこはネバーランドではなく、ウェンディもティンカーベルもフック船長もいない。もうひとつのピーター・パンの物語。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ピーター・パン」(バリー)の作品背景をご紹介します。 あらすじ ...
イギリス文学

【作品背景】画家という不思議な生き物「月と六ペンス」(モーム)

絵に生命を捧げた男の情熱と狂気。彼の眼は何を見ていたのか。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「月と六ペンス」(サマセット・モーム)の作品背景をご紹介します。 あらすじ イギリス。駆け出し作家の私。証券会社...
イギリス文学

【作品背景】“To be or not to be”「ハムレット」(シェイクスピア)

To be, or not to be, that is the question. 数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の代表作。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「ハムレット」(シェイクスピア)の作品...
イギリス文学

【作品背景】“二重人格”の代名詞「ジーキル博士とハイド氏」(スティーヴンソン)

みなさん、こんにちは。めくろひょうです。今回は、「ジーキル博士とハイド氏」(スティーヴンソン)の作品背景をご紹介します。 あらすじ 医学・法学の研究者であるジーキル博士。彼は友人である弁護士アタスンに遺言書を預けるが、...
イギリス文学

【作品背景】古き、良き、英国。「チップス先生さようなら」(ヒルトン)

子供はいたよ。何千人も。何千人も。でも、みんな男の子なんだ。 みなさん、こんにちは。めくろひょうです。 今回は、「チップス先生さようなら」(ヒルトン)の作品背景をご紹介します。 あらすじ イングランド東部のブルック...
2021.10.11
イギリス文学

【作品背景】芸術家とは美なるものの創造者である。「ドリアン・グレイの肖像」(ワイルド)

世紀末のロンドンを舞台に、並外れた美貌を持つ青年ドリアン・グレイをめぐって繰り広げられる、情欲の世界。
イギリス文学

【作品背景】28年2ヵ月19日「ロビンソン・クルーソー」(デフォー)

めげない男ロビンソン・クルーソーが無人島で過ごした期間は28年2ヵ月19日。冒険小説不滅の金字塔。
2021.10.11
イギリス文学

【作品背景】わずか13時間の物語「ダロウェイ夫人」(ヴァージニア・ウルフ)

1923年6月。とある一日におけるダロウェイ夫人の日常が、彼女の「意識の流れ」によって描かれていきます。印象的な鐘の音によって時の流れを感じながら、わずか13時間の物語を堪能してください。
2021.11.30
イギリス文学

【作品背景】資本家と労働者の軋轢「チャタレイ夫人の恋人」(ロレンス)

大胆な性描写?この作品の本質はそこではありません。産業革命後のイギリス炭鉱における資本家と労働者の軋轢を、瑞々しく、そして美しい文章で描いた作品です。
2021.10.11
イギリス文学

【作品背景】名もなき怪物「フランケンシュタイン」(シェリー)

知性と感情を持っていながら、人間に拒絶された名もなき怪物の悲劇。
イギリス文学

【作品背景】アフリカは誰のもの?「闇の奥」(コンラッド)

アフリカ奥地の闇、ヨーロッパ諸国によるアフリカ植民地化政策の闇、そうした状況に巻き込まれていく人たちの心の闇。
イギリス文学

【作品背景】マイフェアレディ「ピグマリオン」(バーナード・ショー)

わずか100年前。イギリスにおける階級社会・女性差別とは。
広告